日刊脱黒歴史計画

日常の記録。音楽多め

20171015 ブログのタイトル

PIERROT・Angeloネタついでだけど、実はこのブログの「日刊脱黒歴史計画」の「日刊」はキリトのオフィシャルブログの「日刊思考回路」から拝借してきました。「脱黒歴史計画」の意味は以前書いたとおり。

 

 

でもそのうちタイトル変えるかも。

20171014 PIERROT

Angeloの新作効果とANDROGYNOSのおかげかPIERROTモチベも復活しつつあるこの頃。

 

今さらながら2014年の復活ライブのBlu-rayBOXが欲しくてたまらない。発売時期はちょうど大学卒業で引っ越さなきゃならん時だったから金がなくて買えんかったんや。

 

ANDROGYNOSの円盤出すついでに再販してくれればいいのに。

 

まぁ当分ANDROGYNOSの映像で我慢するかな。今回はしっかり注文したで。25000円…高いけど…。今年の2月もDIRのBlu-ray3枚で同じぐらいの金額飛ばしてるし、まぁたいした問題ではない。

 

 

現地行ってない分かなり新鮮に楽しめるだろうからすごく楽しみだ。

 

2014年の復活ライブで完全に浄化?されたとはいえ、なんだかんだまたやって欲しい。次はワンマンで。

 

 

あとSIAM SHADEも完結なんて言わずまたやってくれや。つーか武道館の円盤はよ出せや。まぁ出されてもDVDだったら買わんがな!

20171013

DIR EN GREYの追加公演行ってないけど、追加公演限定Tシャツ欲しいなぁ。

 

そっこーで完売したからかWebでも販売するみたいだけど、行ってないライブのグッズとか買わない主義だしなぁ…。

 

グッズってあくまでお土産感覚というか、行った記念的な感じある。

20171012

DIR EN GREYの2年にわたって行われてた過去アルバムテーマツアーシリーズも終了。

 

FC限定Blu-ray/DVDの背表紙が7つのツアーの7枚だけでは完成しないので、mode of ARCHEとかあるかなーとか思ってたけど、メンバーの口からもしばらくライブない宣言あったのでないらしい。

 

 

ってことは背表紙完成のための残りの2つは…?

 

ドキュメンタリーとライブCDと予想。

 

 

しばらくライブない=新アルバムの制作に集中なわけだし、むしろテンション上がってきた。

20171011

どーでもいいけど、オレにとってのキリトってやっぱ村田信也さんの方のキリト。

 

SAOも好きだけどね。

 

だからか、やっぱ「キリト」で検索してSAOの方ばっかヒットするのはちょっと複雑。

 

 

そんなキリトさん率いるAngeloの最新アルバムめっちゃヘビロテしまくってる。

 

詳しいレビューは後日ちゃんとまとめたい。

 

 

あーツアーが楽しみだ。

20171010

ふと思ったこと。

 

最近のミュージシャンって音楽全く関係ないことで賛否両論を巻き起こしてばっか。不倫で炎上してそれをネタにしてPV撮ってるどっかのキノコ頭とかね。

 

 

くだらねー。

 

 

そういうの見てると、あくまで「音楽」で賛否両論を巻き起こし続けてきた、例えばキリトとか最高にかっけーなって思える。

20171009

それにしても10年前はまさか10年後にLUNA SEAの活動が活発でラルクの活動が停滞してるなんて思ってもなかったよなぁ。